忍者ブログ
ADMINWRITE
Music Pandoraブログ版。
[223]  [221]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [213]  [212]  [210]  [214
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

取り敢えずぼちぼち復活して更新頻度上げていきます!

○Comic Marcket78関連○
■新作楽譜「Scores of a Spring Night」入稿しました!
一ページミスがあって差し替えたりとトラブルも有りましたが、無事入稿致しました。
これで何とか、初の新刊は出せそうです。
今回の新作ですが、イベント頒布分に限り旧譜CD「Songs of a Spring Night」ご持参、もしくは同時購入頂けた場合に割引を予定しています。
原曲重視な楽曲ばかりではないので、CDと共に楽しんで頂けたらと思っています。
是非ご利用下さい。

■ゲスト参加1 宮崎口蹄疫義援チャリティー同人CD企画「yell」

ヌ-51b "Kraster" ほか
Disc2-2「Crutch」という曲で参加しています。
演奏は光田(Trumpet)と平松薫さん(Keyboard)。
明るく柔らかい、ミディアムスローのバラードを書かせて頂きました。

■ゲスト参加2「テール島の迷宮 体験版/monochrome monaural

X-25b "monochrome monaural"
企画・主題歌・BGM(作曲・編曲)で参加しています。
他にも、グラフィックにいつもCDのジャケットを描いて頂いている出水ぽすかさん、
音楽にいつもお世話になっているSmalt ErzのHasくん、
デザインに「柔らかな陽の射すところ」などを担当頂いた肥田木真理子さんなどが参加しています。


○M3-2010秋○
■申し込みを完了しました。
今回も抽選という事です…どうなることやら。
もし当選しましたら、monochrome monauralさんの「テール島の迷宮」の主題歌などを収録した、ボーカルミニアルバムを新譜に予定しています。


――
以下、続きにてM3等のCD感想…遅くなってすみません!
そしてめちゃくちゃ長いです…。

○いつものCD感想○
■大変遅くなりました。
例大祭・東方不敗小町はHasくんのサークルSmalt Erzのお手伝いがメインだったため、手元にCDが有りませんので、僕宛に頂いた物を除き、すみませんが省略させて頂きます。
ただ、例大祭でお隣だったALICE:madeさんのCDのうち、周囲の反対を押し切ってArranger浮玖助さんの独断で収録したという楽曲(曲名を失念しました…すみません…)が飛び抜けて良かった、とHasくんと話した事を覚えています。


■ready for the red ?/ROUGH TIME
いつもお世話になっているぴーえーさんの、例大祭新作。紙ジャケが洒落てます。
細かい所に色々な仕掛けがあって、特に今作ではラテン的な記号が多く、目立ちますね。ここ、というタイミングでキュッと入っていて楽しいです。
個人的にはM-3、M-4のインストトラックがお気に入りです。ただ、どちらもF.O.なのが少し残念。


■monologue~交差する彼方の旋律~/君の美術館
こちらもいつもお世話になっていますPHEVOTTさんが作曲を務める、「君の美術館」さんのM3新作。
Jazzyな楽曲が多い事もあってか、メロディーはわかりやすいのにオケでは結構トリッキーな事をやっているのが楽しい。また、よりドライに録るように変えたという録音の事もあり、以前以上に各パートの動きがタイトに聞こえて、そのような細かい作りがより露出しているように思います。


■七曜式魔法序論/アルトノイラント
■届け、我らの頭上に在りし水なき海へ/アルトノイラント
「『Songs of a Spring Night』のInterludeはどういう風にしているのですか?」と例大祭でしがない売り子手伝いの僕を訪ねて下さった弘世さんの、それぞれ例大祭とM3で頂いた作品。
とてもフラットなアレンジと演奏で、ある意味機械的ですらあるように感じるのですが、それが妙に嵌って独自の世界を感じます。固定のリズムを持っていたり、常時動き続ける楽曲が多いことがその一因と思うのですが、良く聴くとシンプルなメロディーが浮かび上がっていたりして、面白い。人を選ぶ作品だとは思いますが、僕は結構衝撃を受けました。
あと「七曜式魔法序論」のデザインがすごい格好良いです。段ボールなのか!と、こちらでも衝撃を受けました(笑

あ、因みにInterludeは今度発表する譜面の通り、テーマだけ完全な(左手を含めた和音構造やリズムまで決めてしまった)書き譜で、それ以外は泉田君のアドリブです。


■月の海 ~ nostalgia & frontier ~/UtAGe
昨年冬のコミックマーケットでもご挨拶頂いた、Sebastianさんを中心としたサークルUtAGeさんの、3年半越し、3枚目のオリジナルアルバム。
「月」を題材とした楽曲群は、シンプルでどこか牧歌的。また、生録音に拘っていると言う通り、楽器演奏の参加者も多く、人間的な暖かさに溢れています。


■アジャルタ ~旅路~/ウチナキレコード
■Arco & Rina/ウチナキレコード
M3でお隣だったさきまふみさんの、M3新譜と、良いなぁと思って買い忘れていた昨年M3の旧譜。
作詞・作曲・うた・演奏・イラストと、とにかく全てをお一人でこなしていて、もの凄いエネルギーだなぁ…と思っています。
民族的な作風が特徴で、特に「Arco & Rina」の透明感と土臭さ、暖かさを併せ持った感じが好きです。


■また会う日まで、サヨナラ/劇団フォレスト
M3でお隣だった、作詞の明泉冴さんを中心としたサークル。と言う事で、楽曲によって作曲者が違い、様々な楽曲が集まって、コンピレーションアルバムの様に色とりどりな作品になっています。


■ぼくたちの変拍子/Studio-Kurage
タイトル買いなCD。僕も変拍子はよく使うのですが、まさか変拍子オンリーでCDを作る人が居るとは思ってませんでした。それもポップスで。更に、丁度僕が少しだけ変拍子するボーカル曲(秋頒布予定の楽曲の1つです)を書いた所だったので、とてもタイムリーでした。
実際には複合拍子やヘミオラ、ポリリズムなどが多くて、思ったほど変拍子分は高くないのですが、それでも茶太さんがボーカルをしているM-1,2(繋がった楽曲です)など、変拍子が上手くポップに活きていて、素敵です。和音は少し狙いすぎている気がしますが、メロディーがポップなのでアリの範疇かなぁ、と思ってしまいますね。個人的には変拍子分は薄い物の、Jazzyな要素をもったM-3も好き。よくこの2曲を聴いています。


■NEW BEGINNINGS/Natural POTEFU
M3のリストで「スムースジャズ」と書いてあったのでジャンル買いしようと飛んだら、延期でしょんぼりするも、ボーカル曲も明るくて素敵でした。M-2のサックス、良いですね。今回でなかった新譜も期待しています。
あと、よくよく見たらぴーえーさんのお知り合いの方みたいで驚きました。よく考えたら、ジャズ屋の世界は狭いですよね。
スムースジャズの新譜、期待しています。


■Stella Musica/秋の空
豪華メンバー…と言いつつ、完全に大嶋さん買いした、三澤秋さんのソロ名義1st CD。一昨年から買い逃して、ずっと欲しかったんです。
勿論大嶋さんのM-5は好きなのですが、それ以上に少し苦手意識をもっていたbermei.inazawaさんの表題曲が気に入りました。とてもわかりやすく、かついつも通りの独特な空気感、奥深さが同居していて、良い曲だと思います。
また、三澤さんの安定感が相変わらず凄いです。もう少し冒険して良かった気もしますが、それが様々な個性派の作曲家が集まったにも関わらず感じる統一感に繋がっている気もします。


■共鳴サイダー/arcane
試聴して、生演奏のバンドと、スタンダードでありながらも高い完成度に惹かれ購入したのですが、プロとして活動されている方みたいですね。録音やmixも上手く、特にタイトなバスドラの音が、地味に好きです。
全体を通して爽やかで、素直に聴けるポップなアルバムに仕上がっています。


■Chronus/muon
前作「Desire」が試聴して気に入ったら既に完売していて切なかったmuonさんの2nd。
個人的には詩・曲共に少し物語性が強くなったのが、好みと離れてしまったように感じられました。前作が少し明るくて透き通っている感じとしたら、今作は地に足の付いた、太く暖かい印象です。
一番気に入ったのはM-3かな…この曲は後半に凄く、透明感があって明るい感じを受けるのですが、柚木さんのそういう部分が凄く好きです。


■今でも君を信じてる/アートモバイル
M3などのイベント関連ではなく、お世話になっている先輩の山梨さんから直接頂いたシングル。ご本人の歌は柔らかく、そしてやや懐かしい感じの男性ボーカルになっています。
1曲目の表題曲は様々な要素を詰め込んだ意欲作。少しごちゃごちゃしてしまった部分は有りますが、次作が楽しみになる楽曲。2曲目の「コンパスマン」は、オールディーでスタンダードながらも綺麗にまとまった作品で、個人的にはこちらの方が好きです。
最近あまり見ないタイプの男性ボーカルで、もっと色々な作品を聴いてみたいと思いました。




こうして振り返りながら様々な作品に触れて、次はああいうことがしたい、こういうことがしたいと、思いばかりが膨らんでいきます。
色々な関係で来年以降の予定は少しリセットされそうですので、秋の新譜を作り終えたらゆっくり考えていきたいと思います。
沢山のエネルギーを貰ったし、さぁ、頑張ろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
光田 晋哉
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Blog Pandora ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]